コラム

岡田佳子医院HOME コラム シミ・そばかすを消す方法とは?セルフケアや美容皮膚科でできる?

シミ・そばかすを消す方法とは?セルフケアや美容皮膚科でできる?
2024年2月27日

お肌の悩みに多い、シミやそばかす。できてしまうと鏡を見るたび気になるものです。そんな気になるシミやそばかすを消すには、どのような方法があるのでしょう。

この記事では、シミ・そばかすを消す方法について解説していきます。

シミ・そばかすとは?

悩みのタネとなる”シミ”には、「肝斑」「炎症性色素沈着」「老人性色素斑」「花弁性色素斑」など、さまざまな種類があります。
実は、”そばかす”はシミの中の一つの種類で、特に色白の人に出来やすいと言われています。また、そばかすはスズメの卵殻に似ていることから、「雀卵斑(じゃくらんはん)」とも呼ばれています。

シミ・そばかすができる原因

一般的にシミと言われている、花弁性色素斑や老人性色素斑は、紫外線による刺激や肌への過度な刺激、ストレスや肌のターンオーバーの乱れなどが原因と言われており、そばかすは遺伝的な関係が強いと言われています。

シミ・そばかすを消す方法

シミやそばかすを消す方法と聞くと、レーザーなどを使用した治療方法を思い浮かべますが、セルフケアや市販薬でシミやそばかすを消すことはできるのでしょうか?

シミ・そばかすをセルフケアで消すことはできる?

残念ながら、セルフケアでシミやそばかすを完全に消すことは難しいと言えます。
なぜならば、シミやそばかすの原因である蓄積されたメラニンに、セルフケアだけでアプローチすることができないからです。
ですが、日々のセルフケアを怠らなければ、シミやそばかすの進行を抑えることは可能です。

シミ・そばかすを消すセルフケアの方法

先述したとおり、シミやそばかすを消すことは難しいため、「予防する」「薄くする」「進行を抑える」ことを目的としたセルフケアの方法をご紹介します。

【紫外線対策は必須】

夏の外出時はもちろん、季節を問わず日焼け止めを塗る、日傘をさす、帽子やサングラスを着用するなど、物理的な方法で紫外線から肌を守りましょう。

【美白化粧品を活用】

美白効果については個人差がありますが、ビタミンC誘導体やトラネキサム酸、レチノールやハイドロキノンなど、有効成分を含んだ化粧品を活用することで、メラニンの生成や増殖の予防が期待できます。

【洗顔用石鹸を活用】

こちらも効果については個人差がありますが、カミツレエキスやプラセンタエキス、アルブチン、トラネキサム酸、エラグ酸、ビタミンC誘導体などの成分が配合された洗顔用の石鹸も活用できます。

【サプリメントを活用】

サプリメントを活用して、体の内側からケアすることもできます。抗酸化作用があるとされる、ビタミンC・A・Eを体内から取り入れることで、メラニン色素の生成を予防する効果が期待できます。

シミ・そばかすをセルフケアする注意点

ここでは、セルフケアは”効果に個人差がある”ということを踏まえたうえで、注意するべきことに触れていきたいと思います。

まずは医師や薬剤師に相談してみる

まず、セルフケアを始める前に皮膚科などで診療を受けて、自身のシミの種類を診断してもらいましょう。自身の肌質や適切なケアの方法、セルフケアに取り入れたい用品ついて、医師のアドバイスを受けることをおすすめします。副作用や使用上の注意が必要な用品もあるため、自己判断せずに医師や薬剤師に相談をしましょう。

シミ・そばかすを消す市販薬について

美白有効成分の含まれた市販薬をドラッグストアなどで見かけることもありますが、シミやそばかすへの効果が認められた成分とは、”トラネキサム酸・L-システイン・ビタミンC”という成分です。 この成分が含まれている市販薬は、メラニンの増加を抑制し、シミやそばかすが濃くなることを防ぐ効果が期待できるのです。

市販薬を選ぶ際の注意点

ドラッグストアなどで見かける市販薬には、改善効果ありの「薬」と改善効果なしの「サプリメント」があるので注意しましょう。 市販薬を選ぶ際はパッケージなどに表記されている、『第〇類医薬品』という記載を確認することが大切です。

シミ・そばかすを消す美容皮膚科の治療法

シミやそばかすのセルフケアは症状の進行を防ぐのに役立ちますが、シミやそばかすを消すことに適しているのが美容皮膚科での治療です。 なぜかというと、美容皮膚科であれば、シミやそばかすに対する専門的なアドバイスを受けられることはもちろん、改善を目指した効果的な治療法を提案してもらえるからです。

フォトフェイシャルによる治療法

シミやそばかすの気になる部分に、”フォトフェイシャル”という特殊な光を照射する治療法です。シミやそばかすだけでなく、毛穴にも効果があるため肌質の改善が期待できます。 施術時には、輪ゴムで弾かれたような痛みを感じますがダウンタイムが短く、施術後もメイクができるため、普段と変わらない生活を送ることができます。

レーザーによる治療法

シミやそばかすの原因となるメラニン色素に対し、ピンポイントでレーザーを照射する治療法です。照射するレーザーの種類にもよりますが、チクっと針で刺されたような痛みを感じるため、一般的には麻酔をしてからレーザーを照射していきます。 レーザーによる治療法の場合、ダウンタイムの症状として、肌の赤みや痒み、乾燥などがあります。

【まとめ】シミ・そばかすを消すのは美容皮膚科がおすすめ!

できてしまったシミやそばかすに対して、セルフケアで悪化や進行を防ぐことはできますが、完全に消すことは難しいと言えます。シミやそばかすをキレイに消すには、美容皮膚科での治療が効果的とされており、さらに内服薬や外用薬を併用し、セルフケアを実施することで悩みの改善が期待できるでしょう。

監修者プロフィール

岡田佳子/OkadaKeiko

院長
日本皮膚科学会認定専門医師
日本医学脱毛学会会員

略歴
1992年 大阪医大皮膚科入局後名古屋分院皮膚科国内留学し美容皮膚科のパイオニア故早川律子先生の指導の下、美容皮膚科を専攻
1995年 『皮膚科 岡田佳子医院』開院
数多くの女性週刊誌「miss家庭画報」「25ans」「VOCE」に取り上げられ、TV番組「ミヤネ屋」「NHKニュース」などに出演。

関連記事

医療脱毛は痛い?痛みを感じる理由や和らげる方法を紹介

妊娠中に脱毛の施術を受けてはいけない主な5つの理由を解説

シミ・そばかすに効く予防ケアとは?


オリジナルコスメ
レーザー脱毛

医院紹介Information

皮膚科岡田佳子医院(ひふかおかだけいこいいん)

日本皮膚科学会認定専門医
日本医学脱毛学会会員 岡田 佳子

〒600-8491
京都市下京区室町通四条下る鶏鉾町480
office-one四条烏丸5F
075-365-3337
インドアビュー

診療日カレンダーCalendar

2024年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2024年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
  • 休診日は火曜・日曜・祝日

年内は12/29(金)19時まで診察します。
年始1/9(火)は15時から診察致します。

施術内容ごとの
診療時間の確認はこちら

メディカルエステサロン フェアネス
Men'sクリニック.com 監修:皮膚科医 岡田佳子医院
完全予約制

お気軽にお問い合わせください

075-365-3337

※お電話での御予約を最優先しています。
当日予約OKで、Webよりも多種多様な時間を選べます。

WEB予約

※Web予約の時間設定は非常に限られた時間のみとなっています。
同じ時間の御予約が重なっている時は075-365-3337から返信のお電話があります。
着信チェックをお願いします。